設 計

設計という仕事は単に紙に鉛筆で図面を描くだけの作業ではありません。
図面化する前に住む人、使う人の生活を考え、その建物の機能性、美しさ、丈夫さ、更に町並み、環境を考えなければなりません。
その為に周到な事前調査、設計者の蓄積された豊富なノウハウ、施主との話合いなどに十分な時間をかけて進めます。

監 理

現場が始まると色々な摩擦が生じてくることがあります。
この原因はお互いの理解不足によっていることが多いようです。
そこに、両者の立場を理解したその道の専門家による第三者の監査機能が必要になります。
私達が「監理」と言っている仕事は、設計が終わり工事が始まる時点から完成まで、
またその後のアフターケアまで、建てる人(建築主)と、工事をする人(建設会社)の中間の立場で工事全体を監査することを言います。
よく監督と間違われるのですが、本質的には建築主と建設会社の調和を計り、良い建築を造りあげていく業務です。

後藤明夫 略歴

学 歴
昭和40年3月         佐土原町立広瀬中学校 卒業
昭和43年3月         宮崎県立大宮高等学校 卒業
昭和47年3月         熊本大学建築学科 卒業
昭和49年3月         熊本大学大学院建築学科 卒業

職 歴
昭和49年4月         ㈱神谷宏治計画・設計事務所(東京) 入社
昭和52年3月         ㈱神谷宏治計画・設計事務所 退社
昭和52年5月         ㈲長友正夫建築設計事務所(宮崎) 入社
昭和55年3月         ㈲長友正夫建築設計事務所 退社
昭和55年5月         ㈲ごとう計画・設計事務所 設立

昭和55年4月~平成6年3月  宮崎ユニバーサルカレッジ非常勤講師
平成7年~           都城工業高等専門学校非常勤講師
昭和59年~平成元年      (社)宮崎県建築士事務所協会宮崎支部幹事
昭和63年~平成11年     (社)宮崎県建築士事務所協会常任理事
昭和62年、63年       建設大臣、知事指定講習 建築士のための指定講習会講師
平成2年            建設大臣、知事指定講習 建築士事務所の管理講習会講師
平成11年~          住宅性能表示制度宮崎県総括アドバイザー
平成9年~11年        (社)宮崎県建築士会主催「設計製図」試験受験準備講習会講師
平成12年~          宮崎地方裁判所、宮崎簡易裁判所民事調停員
平成14年~          (社)宮崎県建築士事務所協会専務理事
平成24年~          (一社)宮崎県建築士事務所協会会長
平成24年~          (一社)日本建築士事務所協会常任理事
平成26年~          宮崎県建築士事務所協会名誉会長

資 格          一級建築士(大臣登録-109856号)
             建築積算士                

昭和61年           宮崎生協病院コンペ入選
平成3年            内田医院改築コンペ入選
平成3年            県立農業大学校整備プロポーザル(JV)入選
平成3年            宮崎県住宅供給公社生目台団地コンペ入選
平成9年            宮崎県住宅供給公社“キャンパスタウンまなび野”コンペ最優秀賞
平成13年           宮崎県建築士会主催“上田島プロジェクト”住宅設計コンペ最優秀賞
平成14年           県営小戸団地(60戸)改築マスタープランプロポーザル入選
平成17年           日本建築士事務所協会建築作品表彰 奨励賞(木城クリニック)
平成17年           宮崎県木造建築物設計コンクール大型部門最優秀賞(木城クリニック)
平成17年           宮崎県木造建築物設計コンクール住宅部門特別賞 (恒吉邸再生)
平成18年           宮崎県木造建築物設計コンクール大型部門優秀賞 (ぎゃらっくGA)
平成18年           日本医療福祉建築賞2006(木城クリニック)
平成19年           宮崎銀行文化公園共同社宅コンペ1等案
平成20年           日向警察署庁舎建設基本構想アドバイザー業務1等案
平成20年           宮崎県総合自動車運転免許センター1等案
                (デザインビルド方式)吉原・加賀城・大建・ごとう共同企業体
平成23年           県立ひかりヶ丘団地(木造)プロポーザルコンペ1等案
平成26年           宮崎県防災拠点庁舎プロポーザルコンペ最優秀案
                (山下・岩切・ごとう設計JV)